女性の満足は30分以上

早漏の問題点 早漏のまま相手を満足させられないセックスを続けていると、負け戦を重ねる事となり、セックスに対して自信がなくなります。
そして、自信のないセックスは真相心理に影響し、やがて普段の態度にも自信の無さが現れるようになります。

では、早漏防止に努めて、相手を満足させるにはどのくらいの時間頑張れば良いのでしょうか。
もちろん人それぞれですので、一概には言えませんが、ある女性向けメディアで女性200人にアンケートを取ったところ、女性が理想とする挿入時間は平均14.4分とのことでした。更に前戯に求める時間は平均18.2分と出ており、女性がセックスに求める時間はトータルで30分以上となります。

「自分はもっと短いけどテクニックがあるから大丈夫!」と思いの貴方、果たして本当でしょうか。
別なアンケートでは女性の75%がセックス中に演技をしているとの統計もあるのです。

これは女性の優しさだったり様々な理由があるようですが、裏を返せばセックス中の女性のリアクションは全く信用できないということです。
そして貴方の自慢のゴールドフィンガーやマシンガンピストンは実は相手を満足させていないのかもしれないのです。

では、どうしたら良いのか。

答えは単純です。早漏を克服しちゃいましょう。やり方は後述しますが、まずは挿入時間14.4分間以上のセックスを目指しましょう。

思春期のオナニーが原因

早漏の原因 誰しも望んで早漏になるわけではありません。
早漏になるのは先天的な部分もありますが、きっと何か原因があるはずです。

一説にはペニスの先端が敏感だから早く射精しやすくなっていると言われていますが、実際には脳の副交感神経が過剰に活発に働き、腰椎にある射精中枢に射精を行えという信号を早く出してしまっているというのが主流な見解です。

それではなぜそうなるのでしょうか?

この原因の一つに思春期の時のオナニーのやり方に問題があるとみられています。
思春期のオナニーは、親や兄弟にオナニーを隠れてしていることが多く、バレる前に早く終わらせようとしてしまいがちです。つまり、本物のセックスをする前にオナニーで早く昇天させる癖がトレーニングされて、実際のセックスでも早漏になってしまうというわけです。

早漏を改善するためには、こうした長き無意識のトレーニングの呪縛を解くのが何よりも大切です。
それではこうした呪縛を解くにはどのようにすればよいか考えていきましょう。

早漏を克服すると自信が付く

早漏を克服 早漏を改善するには早漏の原因となっている、早く射精しようとする交感神経の癖をトレーニングによって治す必要があります。
早漏防止トレーニングのスクイーズ法やセマンズ法などを実践すれば、自力での改善が見込めますが、それには地道な努力と膨大なトレーニング期間、そして理解あるパートナーの協力が不可欠ですので、初めのうちは早漏防止薬を活用するのがベストです。

例えばポゼットという薬であれば射精に関する交感神経の異常な高ぶりを緩和することで早漏を防止するのですが、飲むだけで射精までの時間が3~4倍に伸ばすことが出来ます。
亀頭が敏感すぎるのであれば、敏感すぎる感度を抑えるリドカインを使用しても良いでしょう。

もっともオススメなのはスーパーカマグラスーパーPフォースベガHクリームというお薬です。これらにはED治療薬の成分が配合されているため、ギンギンのフルボッキ状態で長時間責め続けることが可能なのです。また、勃起成分のお陰でペニスの回復も早く、2回戦3回戦もいけてしまう大人気の早漏防止薬なのです。

こうした早漏防止薬を利用したセックスは繰り返し行う事で、少しずつ刺激に対して耐性がついてきますので、いつかは自力で我慢することも夢ではありません。
いつまでも出さずにじっくり楽しむセックスのイメージを自身の神経に植え付けるようにセックスをしましょう。

自分がイク前に女性をイカすことができれば、充実感でいっぱいになります。
それだけでなく、イった女性を更に攻めたてる優越感は実に至福で快感も倍増です。そして、どんどん自信がついてきて女性との性生活に弾みがつくことでしょう。

今は簡単に早漏が克服出来る早漏防止薬が安価で手軽に買える時代です。
それらを利用するだけで、すぐにでも射精までの時間をコントロールすることが出来るようになり、自他共に満たされたセックスで自信に溢れる人生を送る事ができるのです。

薬に頼るのに抵抗がある方もいるとは思いますが、早漏は放っておいても改善はされませんし、頑張って自力で克服する志は立派ですが、男性のそうしたワガママな信条に付き合わされる女性の立場を考えてあげたいものです。

また、そうした相手の心を思いやる余裕を持つ事自体もまた、我々男性の自信に繋がるのではないでしょうか。
TOPに戻る