早漏は女性に不満を募らせる

女性は不満 早漏は一般的には膣内にペニスを挿入後1~2分以内に射精をしてしまうことをいいます。
早漏は女性に不満を募らせるといいますが、問題は早撃ちということではありません。
たとえ男性が早く果てたとしても、女性が挿入後、1~2分以内に達してしまえば、トラブルは起こりません。
また、1回目は早漏という結果でも2回目以後が長持ちであればこれも問題はないでしょう。
問題の所在は、女性が達する前に男性が射精をしてしまい、射精後の生理現象で萎えたペニスが甦らずにセックスの継続が不可になってしまうことです。
一般的に一度射精をしてしまうと男性の性欲は急激に失われ醒めてしまいます。
女性の方は不完全燃焼なのにもかかわらず、男性の勃起は消失し、性欲もなくなってしまうのでは女性が不満を募らせるのも無理はありません。
つまり、早漏による女性の不満の原因は、一度射精をしたのちに男性がED気味になり、態度も冷たくなってしまうことに帰着します。

不満解消の方法

不満解消 この不満を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?一つの方法は、早く射精するのは仕方ないにしても、前戯と後戯をしっかりするということです。
特に後戯を省略してさっさとシャワーを浴びに行ってしまったり、女性に背中を向けて眠ってしまったりするようでは、女性が不満に思っても仕方ないでしょう。
抱きしめて髪を撫でてあげる程度でも愛情がしっかり伝わったら、女性の不満はかなり解消します。

他の方法としては、セックスの回数をこなして、女性、特に膣の感覚に慣れるとことです。
普段しているオナニーと膣内粘膜の感触はかなり違います。
射精のコントロールができないことで、早く出してしまう訳ですから、セックスの回数を意図的に増やすことにより慣れてしまうのが一番の解決法です。
男性が自分だけさっさと終わることが、女性が満足しない原因ですので、回数をこなすことは女性の不満も解消する一石二鳥の方法になります。

3番目の方法としては、バイアグラなどのED治療薬を服用することです。
一般的に1回目は早く終わったとしても、2回目以後は、性感が鈍くなり、射精に至るまでの時間が長くなります。
ED治療薬を服用することで勃起の消失を妨げ、長持ちするように慣れば、問題は解決します。
また、セックス前の生活習慣を変えないようにしましょう。
セックスをするからと言って、禁オナをして精液を溜めこんでしまう人がいますが、射精のコントロールができなくなる原因になります。
普段からフィットネスなどを行い、股関節周りの柔軟性を高め、生活のペースを守ることが、早漏を防止し女性が不満に思うことを防ぐのです。
TOPに戻る