早漏防止の仕組み

錠剤
早漏は、射精するときにコントロールが上手に出来ない症状です。
自律神経のバランスが安定していないためという原因により起こります。
早漏の他にもED(勃起不全)や遅漏などの症状も起こすこともあります。

自律神経とは、自己の意識とは関係がなく、身体が情報や刺激からコントロールして調整する、交感神経と副交感神経から成立つ神経です。交感神経と副交感神経がどちらが優位になるかで勃起や射精の仕組みにも関わり、脳内の神経伝達物質セロトニン(精神の安定や睡眠などに作用)、ノルアドレナリン(集中力や気持ちを高ぶらせる作用)も関わります。

セロトニンとノルアドレナリンの分泌量が少ないと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、射精に影響する交感神経が優位になり、性行為の際に射精が早くなってしまいます。
脳内
セロトニンが脳内に多ければ、射精のコントロールを上手くできるようになります。脳内に多いか少ないかは、セロトニンを運ぶ働きのセロトニントランスポーターという遺伝子の量が深く関わります。多ければ分泌量も多くなり、早漏になりにくいのですが、その数は生まれながらに決まっています。

残念ながら我々日本人は、セロトニントランスポーターの数が少ないと統計的なデータより判明しております。そのため働きを活性化させることが早漏防止の方法のひとつです。活性化させる方法には、規則正しく生活を送る、日光を浴びる、よく噛むことなどがあげられます。

セロトニンの濃度を高くする方法として抗うつ薬を使用するケースもあります。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が早漏防止に用いられており、病院で処方してもらうことができますが通う時間や診察費など、費用の負担が大きくなります。

時間と費用を節約する方法は、通販サイトを使うことで実現できます。早漏防止に効果的な薬を病院へ行くことなく購入出来るからです。早漏防止薬には、飲み薬、塗り薬、スプレータイプなど何種類かがあり、どれも副作用が低く、安全性が高いです。これらを利用すれば早漏が改善できるため充実した性生活を送ることが出来ます。
TOPに戻る