男女には大切なセックス

セックスは大切 早漏は男性にとっても女性にとっても深刻な悩みです。
前戯で盛り上がっていざ挿入してみたら、たった数回のピストンで射精してしまう。
これではいくら前戯が最高でも、女性側からすれば物足りなさが残るでしょう。
それが毎回のことだとすれば尚更です。

離婚届を意味する三行半をもじった「三擦り半」という言葉がありますが、早漏は離婚の原因にもなりかねない重大な問題だということが言葉の成り立ちからも窺い知れます。

もちろんセックスが全てではありませんが、満足のいくセックスが出来れば2人の愛が深まらないわけがりません。

「俺だって俺なりに早漏を防止出来るように対策している」そう思う男性は貴方だけではありません。
でも果たして本当に早漏防止の対策ができていると言えますか?

セックスの前に一発抜くようにしている?

はい、それも一つの有効な手でしょう。でもちゃんと相手を最後までイかせてあげていますか?
いつもより3分長持ちしたからOKではなく、相手を満足させなければ意味はありません。

このページでは相手を満足させる早漏対策には、どのような手段があるのかを一緒に考えてみましょう。

簡単な早漏防止対策

セックス前に射精しておく セックス前に射精しておく
まずは自分で出来ることから紹介したいと思います。これは先ほど例にも挙げましたが、最も簡単な早漏対策かもしれません。
事前に射精しておけば感度や興奮は衰えますので、本番のセックスで少し長持ちして早漏防止になるはずです。
ただし、同時に勃起力も衰えますので、直前に射精した場合、今度は復活までに時間を要して早漏対策どころか起たないという問題も併発しかねません。ですので勃起力に自身がある方はセックスの前に抜いておくのもいいでしょう。
問題はいつ抜くかなのですが、ホテルでシャワー中こっそりという手もありますが、中々タイミング良く発射するのは難しいですよね。これはデートに出かける前が一般的かもしれません。

前戯中は責め 前戯中は責めに徹する
また前戯中彼女に愛撫され過ぎない。
これは少し寂しいですが、手コキやフェラをされると、当たり前ですが射精に近づいてしまいます。
たまには彼女を責めるの専門に徹してみてはいかがでしょうか。

前戯で徹底的に相手の感度を高めてあげれば、絶頂までの時間も短くなるはずです。コツは優しくねちっこくです。
相手が我慢できずに挿入をねだるようでしたら、クンニや手マンで一度イかせてしまうのも有効です。

ただし、手マンは激しくやればいいというものではありません。膣内に指を擦りつけながら最も反応の良いポイントを探り、そこを重点的に擦り付けるのです。奥まで突かれるのが好きな女性や、入口の天井を擦られるのが良い女性など様々です。女性によって性感帯が異なるので観察力が必要ですが、ポイントが分かってしまえば、挿入した際にもそこを責められるので、前戯のテクニックを磨いておくのは早漏対策だけでなく、セックス上達にも繋がります。

ピストン速度と中抜き ピストン速度と中抜き
続いて挿入中に出来ることは、ピストンを激しくしないことです。 ピストンを激しくすればすぐに射精してしまいます。あたりまえですが。 挿入中はピストンメインにならずに、彼女に愛撫したり愛の言葉をささやいたりしてみましょう。 それでも自分がイきそうになってしまったら、ひとまずぺニスを膣から抜いて、手マンなどで彼女を責めます。この間に射精感を抑えることが出来るので、収まって来たら手マンからピストンにスイッチします。 しかし、一度ペニスを抜かれた時点で女性のオーガズムの波は一度収まってしまうので、この時の為に女性の絶頂のメカニズムを理解しておくことと、上記のような前戯テクニックを磨いておく必要があります。
感じにくい体位
感じにくい体位を見つける
これは個人差がありますが自分が感じにくい体位を見つけて、それを実践して長持ちさせるという方法があります。ただ自分が感じにくいということは膣内の摩擦も少ないため、相手も気持ち良くない可能性もあります。

ですので、相手の反応を窺い、ツボを外さないように注意しながら、色々な体位を試してみてましょう。

ただしあまりにもアクロバッティブな体位では、お互いの首や関節を痛める場合がありますので注意しましょう。

挿入中に自分の意識をそらす
これが最も秘密裏に日常的に使われている早漏対策なのではないでしょうか。
興奮しすぎないように別なことを考えて気を紛らわせるというアレです。早漏でない方でも一度は試していますよね。

頭の中で九九を唱えたり、性的対症と真逆の女性(ここでは便宜的に「ブス」と呼びます)や両親のことを考えるなど、やり方は人それぞれですが、セックスに集中しないように余計なことを敢えて考えるわけです。

しかし、この行為は本末転倒なのではないでしょうか。
セックス中に他のことを考える、ましてやブスとはいえ他の女性のことを考えるなど相手に失礼ですし、ブスや両親の顔を浮かべながら射精してしまった時の罪悪感は受け入れがたいものです。

セックスは男女のコミュニケーションなのですから、できるだけいたわり合い、愛し合うように行うべきではないでしょうか。
また、セックスの快感に勝る集中力を発揮するには鋼のような精神力が必要であることも付け加えておきます。

てっとり早く早漏防止薬で解決する てっとり早く早漏防止薬で解決する
上記を試してもいまいち効果が感じられなかった場合には、早漏防止薬を試してみると良いかもしれません。

ペニスが敏感すぎる方の場合、塗るタイプの早漏防止薬リドカインを使うと良いでしょう。
これは麻酔効果のある塗り薬で、ペニスの感度を程良く下げることが出来るため、挿入時間を長持ちさせることができます。ただし塗り過ぎると、感度が鈍り遅漏になる可能性もあるので使用量はしっかりと守りましょう。

興奮しすぎてすぐに発射してしまう方の場合は、早漏防止薬ポゼットをおすすめします。
これは脳内の興奮を程良く抑制する効果があり、挿入時間を3~4倍にまで高めることが出来ます。

いずれも海外製品なので海外から通販で購入する形になります。海外から薬を取り寄せる行為にドン引いてしまう方もいるかもしれませんが、危険ドラッグなどと違い国内でも使用が認めれているものですのでご安心を。


この他にも、スクイーズ法とセマンズ法などの早漏防止トレーニング早漏を改善する手術による早漏対策などがありますが、「簡単な早漏対策」ではないので、ここでは割愛します。

早漏防止薬の効果には及びませんが、お金をかけなくても早漏対策は可能です。
ご自身にあった方法で早漏対策をしましょう。
TOPに戻る