配送の安心感はサイト選びで決まる

海外医薬品の通販 業者の選び方によって、間違った業者を選んでしまうと頼んだ海外医薬品が届かなかったりなどのトラブルが起こる場合があります。
しかし、海外医薬品のサイトによっては、本物を保証してくれていて、配送にまで気を配ってくれている業者も多数あります。
見分け方としては、正規品をしっかりと表記しているサイトを選ぶようにしましょう。
海外医薬品というのは日本で取り扱っていない医薬品が多く、少し知られたくないような医薬品も処方箋なしでサイトから直接購入ができます。
購入者の代わりに、関税や商品税などのルールを守りながら代行を行ってくれるのです。
とは言っても海外から来ることになるので、どのくらいの納期になるのかもわからない、いつまで待てばいいのか、と不安になる事もあると思います。
このような事をふまえて、納期をしっかりと教えてくれるサイトもあります。
国内の通販とは違い、出国・入国で通関しますので、最低でも1週間くらいは掛かると想定出来ます。
納期を詳しくメールや、注文時の注文完了ページで教えてくれたりもします。
ですから、大体いつ家に届くのかを予測しながら、その注文をした医薬品を待つことができるのです。
納期を知らせてくれるサイトは多いのですが、商品が海外から日本に到着した時からもっと詳しく教えてくれるサービスもあります。

追跡番号 追跡番号を教えてくれて、いつどこに荷物が来ているのか、その宅配業者のサイトで調べることができます。
まだサイトの会社の近くの営業所にあるのか、それとも自宅の近くの営業所まで来ているのか細かく見ることができます。
荷物が追跡できると、届いた時に自分が受け取れるように心の準備をすることができるようになります。
1人暮らしであればいいですが、家族がいる場合には商品を郵便局留めにすることも可能です。
商品が自分の名義宛てに届くとしても、そのまま商品を家族が開けてしまうということもあります。
そうすれば何の薬なのか、いったい何なのか説明をしなければいけなくなります。

ED治療薬やAGA治療薬など、あまり言いたくない医薬品の場合もあるので、自分が居ない時に開けて中を見られてしまうと恥ずかしい思いをする事になります。
そのような時には自分で確実に受け取りができる、郵便局留めを利用して仕事の帰りなどに取りに行くといいでしょう。
このように自分の生活に合った配送パターンを、色々と選べるのは素晴らしいです。
配送には気を遣っている業者が多いので、安心して注文ができます。
TOPに戻る