海外医薬品の通販

海外医薬品の通販 日本国内では流通していない薬を手に入れたい時は、個人輸入が一般的な方法となっています。
しかも現在では個人的に直接海外と取引するのではなく、代行サイトを利用し、通常のネット通販と同じ方法で行うことができるようになっているのです。
その為、この方法を選ぶ人は年々増えてきています。
ただ国内で売っていない薬という事は、実はそれを買うと違法なのではないかと思う事も有ります。
しかし、海外医薬品の通販に関しては合法なので、そのような心配は不要です。
薬に関して様々な事を決めている法律は薬事法と呼ばれるもので、この法律では海外医薬品の個人輸入に関しても定めています。
そもそも、海外医薬品の個人輸入ですが、既に海外ではドラッグストア等でも普通に売られている薬を買う物なので、それが違法薬物ではないので心配は不要です。
ただ、一応一般的に海外では流通している薬ですが、通販の場合は3つのルールを守ってようやく合法となるので注意しましょう。

①自分が使用する
②処方薬は1ヶ月分まで(バイアグラやピルなど)
③稀に関税が掛かる場合がある

一つ目は、使う人は自分であるという事です。
どれだけ良いと言われている薬であっても、友達や家族の分を一緒に買ってあげる事は出来ません。
その人が自分の為に個人的に輸入するのであればOKという事になっています。
もう一つは買う量が1ヶ月未満であるという事です。
薬の種類によって1ヶ月分とか2ヶ月分という風に違っていますが、大体は1ヶ月未満であれば買うことができます。
ただ間違えて余分に注文してしまう事も有るかもしれません。
その場合、余分な物は税関で没収となってしまうので注意しましょう。
あくまでも薬事法で決められている量のみOKとなっています。
また、自分の為に買うとしても買い過ぎた場合は税金がかかって来るので注意が必要です。
海外医薬品の通販を利用する時、その合計の6割が10万円未満であれば良いのですがそれ以上になっている場合は関税と消費税を払う必要があります。
ただこの場合は税金を納めればそれらを没収されてしまうという事は有りません。
現在では海外医薬品を通販で購入できるサイトなどは沢山あります。
手軽に、しかも自宅に居ながらにして必要な薬を買うことができるのはかなり便利な事です。
またその通販に関しては、薬事法で定められている事を守っていれば決して法律違反になる事は有りません。
従って、安全にかつ合法に個人輸入するためにも、使用者・量・価格の3点について注意し個人輸入する様にしましょう。
TOPに戻る