結果はパーフェクト!

投稿者:年齢28歳(スーパーPフォース使用)


私は28歳で数年前に、交際2年目にして結婚をしました自動車関係を取り扱う営業を担当している会社員です。
昨今はグローバル社会に日本も突入した事もあり、以前は国内オンリーにターゲットを絞り経営戦略を立てて利益を上げてきましたが国内での若者の自動車離れにより、海外に手を広げて行く必要があるという会社の決定が出ました。
営業という仕事は、販売したい商品知識やメリット・デメリット等にも熟知している必要がありますが、それ以上に人間相手の仕事ですから、そのお客様の性格や性分と言ったものを見極めながら折衝・交渉をしなければなりません。
ですから、会社の総務や経理等のバックオフィスで働く人達の、何倍ものストレスを溜め込みやすく、当然ながら会社からノルマを与えられていますから更にストレスは溜ります。
そして、更には仕事が終われば仕事を兼ねて「飲みに行き」事実上、ビールを片手に商品のメリットを伝える事を強いられるのです。
加えて言えば、時差の少ない国であれば問題無いのですが、時差がありすぎると体調を崩しやすくなります。
そんなこんなで仕事を終えて帰宅すると心身共にボロボロで、いわゆる「風呂・メシ・寝る」しか出来ませんので、妻からの夜の誘いがあっても何とか「対応」してあげたいのは山々なのですが、まだ28歳なのに情けない限りでした。
ですから休日の夜には頑張ってセックスをしようと妻のヴァギナに勃起したペニスを挿入して30秒程度のピストン運動で、もう射精してしまうのです。
当然ながら妻が満足出来ている筈も無く、白けた空気が漂い始めてなんとなく居心地が悪くなり眠ってしまうという性生活になってしまいました。
結婚した当初はまだ転職して「新人」であったので、仕事量も少なかったのでストレスが少なかった為ではないのかと思いつつ、それ程深刻な問題とは考えていなかったのです。
そのうち、妻とのセックスの時にペニスは半ば勃起するけれども、そそり勃つような勃起が出来なくなってしまい、ペニスをヴァギナに入れた瞬間、中折れ状態になり射精も出来なくなってしまいました。
すると、もう妻は呆れ顔で私を時折、親の敵の様な目で見るようになりこれは何とかしなければならないと、酒の席で友人に酔った勢いで自分でも気付かないウチに相談していたのです。
友人は「実は俺も同じなんだけど、スーパーPフォースって言う勃起不全と早漏防止をしてくれる薬をインターネットで見つけて購入し試して見たんだけど、結果はパーフェクトだったよ」と言うスーパーPフォースの体験を語ります。
自宅のパソコンで、スーパーPフォースの体験を探してみると友人が言っている通りでした。
私は友人から聞いた薬を個人輸入代行業者を通して購入して見るとものすごい力が湧き上がって来るのを感じて来るのがわかるのです。
少々冷め切った様な眼を向ける妻の着ている物を脱がせると、前戯をそこそこにしてペニスを少しずつ入れて段々とピストン運動を繰り返し何十分か経過すると、満足したような笑みを浮かべました。
妻からは「一体どうしたの?」と聞かれましたが、友人のスーパーPフォースの体験の話を出すと白けそうだったので聞こえない振りをして、その後もまだ勃起状態は継続し何回か妻をオーガズムに導けるようになり、毎日笑顔の妻を見ることが出来るようになったのです。
スーパーPフォースの体験はそれだけでは終わりません。
日常の仕事にも精力的にこなせるようになったという作用も大きくて、もうこの薬は手放せません。
今度は、後輩が同じ悩みで苦しんでいたら、自分のスーパーPフォースの体験を聞かせてやり、部下とのコミニュケーションも良くなるのではないかと考えている今日この頃です。
TOPに戻る