• トップ

早漏とは

早漏 セックスの際ペニスを膣内に挿入してすぐに我慢できずに射精してしまうことを早漏といいます。
早漏は明確な定義がありませんが、一般的にペニスを膣内に挿入してから30秒から2分程度で我慢できずに射精してしまうことをいいます。
その原因は男性の機能の問題ではないと言われています。

早漏の原因

早漏 主な原因は性欲を上手くコントロール出来ないことで、性的興奮に慣れていない若者に多く見られます。
ですから性行為を繰り返すうちに、射精感をコントロール出来るようになり改善することもあります。
また長期間禁欲生活をしていて欲求不満状態であったり、飲酒や疲れが原因になることもあります。
そして短時間のオナニーが習慣になっていると、射精を我慢する神経が衰えてしまいます。
ですからこの症状を改善するためには、まずリラックスした状態を保つ訓練をすることが有効的なのです。
この症状に悩まされる人の多くは、性行為に対して異常なほど興奮してしまったり、過度の緊張状態になってしまいます。
これは過去に受けた性行為へのトラウマや、女性に対する緊張などが原因となります。
またペニスの感覚が敏感すぎることも原因の一つと考えられています。

早漏の原因と対策(心因的な興奮)

心因的早漏 ※パートナーの声や体位、局部に過剰反応してしまう方

早漏にはいくつかの原因が考えられます。
1つ目の原因は主に自律神経が関係していると言われています。
通常ペニスへの刺激で射精が起こると考えがちですが、実は自律神経の交感神経が強くなることで射精が促されるのです。
性行為においての自律神経の流れは、まずリラックスしている状態の副交感神経から開始します。
そして興奮とともに副交感神経が交感神経へと変わっていくのです。
そして交感神経になってしまったら、もう射精を止める事は難しくなってしまいます。
早漏の人の多くは、この交感神経がペニス挿入時から強くなってしまっていることが原因だと言われています。
服用するだけで交感神経を鈍らせる医薬品の「ポゼット」が有効です。

心因的な過度な欲求や興奮を抑えて早漏を防止する「ポゼット」 >>
服用するだけでペニスを硬く太くそして早漏防止と3拍子揃った「スーパーカマグラ」 >>

早漏の原因と対策(亀頭敏感型)

亀頭敏感型早漏 ※仮性包茎と関連して亀頭が敏感すぎる方

包茎と関連して、亀頭が敏感すぎるなどの原因があります。
包茎自体を治すには費用と時間が掛かりますが、手軽な手術で早漏を改善することが出来ます。
それは亀頭にヒアルロン酸を注入するという方法です。
包茎の場合亀頭の刺激に大変弱いので、そこを刺激に強くする必要があります。
局部麻酔をしてヒアルロン酸の注射を1本打つだけなので、短時間で終わらせることが出来ます。
ヒアルロン酸を打つと一回り亀頭が大きくなり、射精の早さの改善だけでなくペニスのハリと固さも出ます。またカウンセリングを受けた当日に、この治療を受けることが可能です。
治療後の性行為は1週間から出来ます。

手術まではちょっとという方には塗るだけで亀頭が麻痺する医薬品の「リドカイン(エムラクリーム)」が有効です。
実際に早漏を改善した方が早漏の問題点などを説明し、早漏防止の方法を教えてくれているサイトもありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

亀頭に直接塗る事で亀頭の間隔を麻痺させて早漏を防止する「リドカイン」 >>
亀頭を麻痺させ早漏を防止すると共にペニスを硬く太く維持する「ベガHクリーム」 >>